gtagset=(1)です

ドメイン移管の手続き - xserver編

  • 作成日:2019-4-24

最近やたらとドメイン更新料が高く感じて来て、少しでも節約しようとドメイン移管の手続きをした。その際の手続きの方法を紹介します。

記事用バナー
ドメイン移管の手続き

お名前.comから転出

今回挑戦したのがお名前.comからxserverにドメインを移転。方法さえわかってしまえばそんなに難しくなかったという感じですが、双方のサポートにつご5~6回も電話して聞いてしまった。 それぞれの電話窓口の番号は お名前.comは、0570-00-9199 xserverは、06-6147-2580
お名前.comの電話窓口は非常に混雑している。1回あたり最低でも20分程度はオペレータに繋がるまで時間が必要だった。問題は、0570番なので通常の電話代の他に22.5秒につき10円が別途かかる。筆者の場合、28分38秒も掛かってしまった。これは、768円にもなる。合計の電話代を考えたら1回分の年間更新料は軽く超えてしまった感じだ。ぜひ、改善を望みたい。

xserverのドメインプレゼントキャンペーン

xserverでは、4月26日までドメインプレゼントキャンペーンをやっている。期間中に新規にサーバーを契約すると、新規ドメインまたは移管したドメインを1つ更新料なしで無料にしてくれます。 xserverドメインプレゼントキャンペーンバナー サーバーを開設するのに事務手数料3,000円(税別)がかかるものの、ドメイン更新料1,280円(comドメインの場合)掛かりますから2から3回更新すれば元が取れます。 お名前.comのドメイン更新料は以下のサイトから見ることが出来ます。

ドメイン移管の条件

ドメインを移管するには下記の条件を満たす必要があります。
  1. 取得して60日以上経っている
  2. 有効期限が1週間以上ある※1
  3. 管理業者によってドメインがロックされていない※2
  4. ドメインのタイプが移管対象である※3
  5. 事前に認証コード(AuthCode)の取得が必要
※1:xserverの場合。有効期限の残日数は移管先によって違います。事前に確認が必要です。 ※2:現在の登録中の管理業者に問い合わせする必要があります。代金の未払いとかがなければ通常は大丈夫と思われます。 ※3:xserverの場合は、“.click”が対象外でした。

AuthCode(オースコード)について

AuthCodeは、ドメイン移管の申請に必要な認証コードで、不正なドメイン移管を防ぐために必要なものです。お名前.comの場合はドメイン管理画面から取得することができます。
画像を拡大表示する
お名前.com、Authcodeの取得画面
  1. ドメインを選択
  2. 表示ボタンをクリック
  3. AuthCodeが表示される

ドメイン移管の手続き

ドメイン移管の手続きは、前項のAutoCodeを取得してから移管先の業者に移管申請をおこないます。 図解:ドメイン移管の手順

AuthCodeの取得

(前述してありますのでそちらを参照してください)

Whois情報の確認(重要)

ドメイン移管申請すると、Whois情報のRegistrant Cntact情報に記載されているメールアドレス当てに、移管承認メールが送付されます。Whois情報代行サービスを利用しているの場合は自分の情報に書き換えておく必要があります。もし変更されていない場合は、承認メールが届かないことになり、ドメイン移管が出来ません。

移管申請

移管申請する場合は、移管対象のドメインと先ほど取得したAuthCodeがあれば簡単に申請できます。 xserverの場合、ドメインを運用するサーバーと移管対象のドメイン指定およびAuthCodeの入力おこない、適用をドメイン移管にしてボタンを押すだけでした。
画像を拡大表示する
xserverドメイン移管申請フォーム

移管承認

指定したメール宛に移管承認メールが送信されます。メールに記載のサイトで移管承認“APPROVE”ボタンで承認実行を行います。もし、メールが届かない場合は、もう一度Whois情報のRegistrant Cntact情報のメールアドレスで確認してください。
画像を拡大表示する
移管承認サイトの承認ボタン
お名前.comからも確認のメールあり 移管承認は、移管先のxserverだけかとおもいましたが、現行のお名前.comからも”トランスファー申請に関する確認の ご連絡”というメールが来ていました。JPドメイン以外は承認の有効期限が4日間とすごく短いので注意しなければなりません。うっかり移管拒否されるところでした。 4月24日追記
 

移管完了

移管には、1週間から10日程度と記載されていますが、私の場合2日で完了しました(xserverの場合)。移管完了すると登録メールアドレスの移管完了メールが送信されるので、確認して移管作業は完了となります。

まとめ

当記事は、xserverを移管先としてドメイン移管の手続きを記載しましたが、他業者の場合でもほとんど一緒です。参考にしていただければ幸いです。
スポンサーリンク

googleカスタム検索

ランキング

インデックス

※右側の記事と連動したインデックスです。見たいインデックスをクリックしてください。
ページ上部へ戻る