gtagset=(1)です

バージョン1809で言語設定はどこにいった? ― 新・ATOK言語バーをタスクバーに固定表示する

  • 作成日:2019-2-7

以前に書いた記事は、windows10のバージョン1809になってから「入力方法の変更」メニューがなくなってしまったので使えません。バージョン1809以降のWindows10では以下の内容で対応出来ます。

1809では「入力方法の変更」がない!
1809では「入力方法の変更」がない!

新・言語バーをタスクバーに固定表示する方法

以前の記事はこちらを参照してください。 「スタート」ボタンをクリックし、歯車の形をした「設定」アイコンをクリックして、Windowsの設定パネルを開いてください。Windowsの設定パネルが表示されたら、“デバイス”をクリック。
画像を拡大表示する
”デバイス”を選択する画面

1.”デバイス”を選択

左側にある「入力」をクリックし、”キーボードの詳細設定”パネルを右側に表示させる。
画像を拡大表示する

2.”入力”を選択

“キーボードの詳細設定”が表示されるので、「言語バーのオプション」を選択。その際に下記の図のように、”使用可能な場合にデスクトップ言語バーを使用する”にチェックが入っていることを確認してください。
画像を拡大表示する
”言語バー

3.”言語バー”のオプションを選択

言語タブバーを選択(①の状態)し、②に示したように言語バーをタスクバーに固定にチェックを入れてください。既にチェック済の場合は、一度他の状態に変更後、再選択するようにします
画像を拡大表示する
これでタスクバーに、下図のようなATOKの言語バーが表示されます(Atok2016)。
画像を拡大表示する
スポンサーリンク

超おすすめ

この記事にぴったりのオススメです。

googleカスタム検索

ランキング

インデックス

※右側の記事と連動したインデックスです。見たいインデックスをクリックしてください。
ページ上部へ戻る