エクセル2016 テーブルの書式を解除してリセットする方法

エクセルは、テーブル書式で見栄えのいいデザインにすることができます。書式を適用する方法は簡単に見つけられますが、これを解除する方法がよくわかりません。ここではこれらの書式を解除してリセットする方法を説明します。これ以降の画面はExcel2016の画面です。

テーブルの書式はデザインだけではない

これまでてっきりテーブルの書式は、見た目をよくするためのデザインの一括適用とおもっていましたが、“デザイン”+”テーブルとしての範囲を設定”という2つの機能からなっている事に気づかされます。エクセルは表を簡単に作ることが出来ますが、この段階ではテーブルではありません。エクセルでは表とテーブルは明確に使い分けられます。テーブルとはある特定の範囲を持った表の一部です。 もし、テーブルについて興味のある方は、次のサイトが参考になります。

テーブルの書式解除の理解

もうテーブルの書式を解除するにはどうすればいいか推察できると思います。テーブルの書式を解除するには、標準のデザインに戻し、なおかつテーブル範囲を元にもどす(標準の範囲)ということです。 テーブル書式の解除=標準のデザイン+標準の範囲

フルの書式を解除してリセットする方法

さてそれでは、実際にリセットしてみましょう。 実際の操作は、前項の「テーブルの書式解除の理解」に書いたように、標準のデザインと標準の範囲のそれぞれを別々におこないます。

デザインを標準に戻す

まずはデザインを標準に戻します。これらにはいくつかの方法があります。

方法1:ホーム > 全選択 > 書式のクリア

ホームメニューをクリックし、画面左上の全セル選択ボタンで全てのセルを選択状態に! 次にリボンの右にある「書式のクリア」ボタンのサブメニューの書式をクリアでデザインをリセット。
画像を拡大表示する
クリアボタンでデザインを標準に戻す画面
  1. ホームメニュー選択
  2. 全セル選択ボタン
  3. 書式のクリア
注意!:全セル選択ボタンを忘れないようにしてください。

方法2:デザイン > クリア(スタイルギャラリー内)

書式を設定したテーブル内のセルを選択し、デザインメニューを表示させます。デザインメニューをクリック。次にリボン内に表示されたスタイルギャラリーを表示させ、最下部にあるクリアボタンをクリックする。
画像を拡大表示する
ステイルギャラリー内のクリアボタンを使う例
  1. デザインメニューを選択
  2. クリアボタンをクリック
こちらの方法では、クリアではなくスタイルギャラリーの最上部の左にある淡色スタイルを選択しても、標準のデザインにすることができます。
画像を拡大表示する
ステイルギャラリー内の淡色スタイルを適用する例
  1. デザインメニューを選択
  2. 淡色のスタイルを適用
※バージョンによりスタイルギャラリー内にクリアコマンドがない場合があります。その場合は他の方法でやってください。

テーブル範囲を元に戻す(標準の範囲)

方法1:デザイン > 範囲に変換

書式を設定したテーブル内のセルを選択し、デザインメニューを表示させます。デザインメニューをクリック。リボン内の“範囲に変換”をクリック。テーブルを標準の範囲に戻しますかのダイアログに“はい”と答えます。
画像を拡大表示する
範囲に変換を使用し標準の範囲に戻す例1
  1. デザインを選択
  2. 範囲に変換を選択
  3. はいを選択

方法2:マウス右クリック > 範囲に変換

書式を設定したテーブル内のセルを右クリックし、ポップアップメニューを表示。ポップアップメニューのテーブルをクリック、範囲に変換をクリックします。
画像を拡大表示する
範囲に変換を使用し標準の範囲に戻す例2
  1. テーブルを選択
  2. 範囲に変換を選択

まとめ

エクセルでは、表とテーブルは違うものを指すんですね。この概念を理解しないとちょっと気づかない方法かも知れません。 以上

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

この記事にぴったりのオススメです。
WPPが正しくカウントしない場合の適切な対応2017:10:05:15:55:55
2017年10月05日

googleカスタム検索

ランキング

インデックス

※右側の記事と連動したインデックスです。見たいインデックスをクリックしてください。
ページ上部へ戻る