CloudFlareに手動でDNSを追加する方法

  • 作成日:2018-8-11

CloudFlareにサイトを追加する場合、DNS情報として何を追加するかわかりますか? 自動で検知するのはドメインとIPアドレスだけです。これ以外に必要なものは手動で追加します。どのように追加するか方法をまとめました。

サイトに必要なDNS情報

独自のドメインでサイトを運用している場合、CloudFlareで自動的に検知するのは、ドメインとそのIPアドレスだけですので、「サブドメイン」や「メールサーバー」の設定は手動でCloudFlareに追加しなければなりません。この記事ではサブドメインやメールサーバーに仕立てる場合の手動設定の仕方を解説します。 ちなみに、CloudFlare初期導入をするために解説記事はこちらにあります。

サイトの追加

まず、CloudFlareにログインしDNS情報を追加するサイトを追加します。

DNS情報を設定するサイトの追加

ドメイン名が間違っていたり、まだドメインが未登録の場合は、Not Registeredとエラー表示されますので、再度入力を確認し正しく入力し直してください.
入力したドメイン名にもとづいて下記の画面を表示してCloudFlareは自動的にIPアドレスを検出にいきます。ここを単純にNextボタンをクリックして進んでください。
画像を拡大表示する
querying dns recored画面
次の画面では料金プランを選びますが、画面左端にあるFreeプランを選びましょう。
画像を拡大表示する
select a plan画面
確認画面です。Confirmボタンをクリック。
画像を拡大表示する
confirm plan画面
下記のように入力したドメイン名とそのIPアドレスが自動的に表示されます。
画像を拡大表示する
dns query result画面

手動でDNS情報を追加する

まだこの段階ではCloudFlareは正常に動作しません。実際にはあなたの運営するドメインは、ドメイン名にwwwやこのブログの場合はBlogpotというようにサブドメイン名がついていると思います。こういった情報や例えばそのドメインでメールをうけとるような場合はこういった情報を手動で追加してあげなければなりません。

サブドメインを追加する

サブドメインを追加するには、Aレコードを追加します。
画像を拡大表示する
dns手動入力1
  1. 画面中央に表示されている追加レコード欄に、追加するサブドメイン名とIPアドレスを入力。IPアドレスは自動検出したものをそのまま入力します。
  2. 入力できたらAdd Recordボタンをクリック
もし、他にも追加したいサブドメインがあれば連続して同入力をおこないます。引き続いてMXレコードも追加しますのでContinueボタンはクリックしません。

メールサーバーを追加する

独自ドメインでメールサーバーを立ち上げている場合は、MXレコードを追加しなければなりません。サブドメインはAレコードで指定しますが、メールサーバーはMXレコードとなります。
画像を拡大表示する
dns手動入力2
  1. MXを選択
  2. ドメイン名(サブドメインを含まない)を入力
  3. MXレコード詳細情報を入力するため、クリック
MXレコード詳細は次のとおり。Server欄にはドメイン名を入力。Priority欄には10を入力します。数値に意味がわかる場合は任意の数値を入力してもらっても構いません。「Save」ボタンをクリックして次にすすんでMXレコードを追加します。
画像を拡大表示する
dns手動入力3
また元の画面に戻りますので、「Add Record」ボタンをクリックして今入力したMXレコードを追加します。
画像を拡大表示する
dns手動入力完了画面
MXレコードを追加すると、下記のように
this record is exposing your origin server’s IP address,potentially exposing it to denial of service.
という警告メッセージが表示されますが、無視してもらってかまいません
画像を拡大表示する
warning!exposing your ip adress画面
これで手動入力するサブドメインもメールサーバーも完了しましたので、画面下部にある「Continue」ボタンで入力を終了します。
画像を拡大表示する

DNS情報をインポート/エクスポートする

今追加したDNS情報を、テキストファイルにエクスポートしたりこのファイルからインポートすることも可能です。 ホーム画面の上部にある「DNS」ボタンをクリックし、画面中央のAdvancedボタンをクリックしてください。
画像を拡大表示する
dnsインポートエクスポート1
  1. DNSボタンをクリック
  2. Advancedボタンをクリック
今の情報をテキストファイルに書き出す場合は「Export」ボタンを、インポートする場合は「Upload」ボタンをクリックしてください。
画像を拡大表示する
dnsインポートエクスポート2
以上
コメントは利用できません。
スポンサーリンク

googleカスタム検索

ランキング

インデックス

※右側の記事と連動したインデックスです。見たいインデックスをクリックしてください。
ページ上部へ戻る