wwwあり・なし対策によく効く処方箋

google検索エンジン対策のひとつとして標記のwwwあり・なしの統一をしなければなりません。じゃいったいどうやってやるのか、そしてどうしても直らない場合の処方箋を伝授しましょう。
apple_devices2.jpg Photo
WWWあり・なし統一設定

 

Initializing...

WWWあり・なし統一は、htaccessでコントロール

はじめに、wwwあり・なし統一とはどういうことか?というところからです。サイトは通常

http://example.com

http://www.example.com

は、同一のサイトを指します。wwwのところには他の文字を使うことが可能でこれはサブドメインといいます。この切り替えによって、1つのドメインで複数のサイトを運営することが可能になるわけです。ただし、このwwwだけは特殊でドメインを代表する性格を有することが多いので、上記のようにサブドメインなしで使うか、一つしかないサイトの場合につけるサブドメインとしてwwwが使われます。

これらはレンタルサーバーの初期設定では、WWWありの場合とWWWなしの場合でも、両方とも同じサイトに行くようになっていることが多いです。使う方でどちらか決めて使ってねということですね。

サイトが同じドメインパワーを持っているとして、検索エンジンにもし両方のサイトが登録されているとしたら パワーは半分になってしまうので、検索エンジン対策としてもどちらかに統一することが重要です。

WWWあり・なしはどうやって制御するか?

以下のとおり、htaccessに下記のおまじないを追加してください。先頭に追加するのをオススメします。なお下記コーディング中のexample.com→自分のドメインに変更してください。

WWWなしに統一する場合

wwwなしの場合、つまりhttp://example.comでアクセスさせる場合は、htaccessファイルに次のコーディングをコピーして追加してください。

### wwwなしに統一 ###
Options +FollowSymLinks #エックスサーバーの場合は無用
RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^www\.example\.com$
RewriteRule ^(.*)$ http://example.com/$1 [R=301,L]

WWWありで統一する場合

wwwをつける場合、つまりhttp://www.exaple.comでアクセスさせる場合は、上記と同様、 htaccessファイルに次のコーディングをコピーして追加してください。

### wwwありに統一 ###
Options +FollowSymLinks  #エックスサーバーの場合は無用
RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^example\.com$
RewriteRule ^(.*)$ http://www.example.com/$1 [R=301,L]

もし、うまく行かない場合はリダイレクトを洗い直せ!

大概は上記のどおり設定すればうまくいくと思いますが、もしうまく行かない場合アクセスがエラーとなっているのか正常にアクセスできているのかはしっかりと切り分けてください。HTTP500(Internal Server Error)と表示される場合は、エラーとなっているので、htaccessファイル自体のエラーが疑われます。例えばBOMをつけて転送するとエラーになりますし、漢字を使っている場合はエンコードでエラーになっているかもしれません。こんな場合は、上記のとおりHTTP500エラーとなって表示することはできません。

もし、正常にアクセスできている場合は他の原因としてはリダイレクトです。Htaccessの後半部分でダブってリダイレクトしていることも考えられますが、レンタルサーバー自体でリダイレクト機能を有している場合もあるので、こちらもチェックしてください。

エックスサーバーの場合は、サイト転送機能というのがあります。

画像を拡大表示する

Value-Domainサーバーの場合は、ドメインウェブの転送先URLというのがあります。

エックスサーバーサイト転送"を説明する図

画像を拡大表示する

こんなところには十分気をつけてください。

まだ、それでも動かないようという諸氏へ

もしかすると、それはChromeのせいかもしれません。Chromeの69と78では、URLからwwwを勝手に省略してしまうことがあります。開発の仕様としてはっきりしていればまだわかりますが、省略されたり表示したりで69で突然省略されて、その後一度復活して78でまた省略されているので、これらのバージョンを使っている場合は、Chromeのことも疑ってみる必要があります。

chrome69と78をお使いの場合、URLが省略されているかもしれません!

確かめる方法としては、URL欄を再度クリックすると省略されないURL表示がおこなわれますのでこれで確かめてください。

以上

コメント

タイトルとURLをコピーしました