MS IMEに勝手に変わらないように、MS IMEを削除してしまおう!

ATOKを使っていると突然MS IMEに変わってしまっていることがありませんか。そんな不具合を防ぐには下記の手順でMS MEIキーボードを削除してしまいます。

使わない『MS IME』は削除する
使わない『MS IME』は削除する

Initializing...

勝手に変わるMS IME

私はながらくATOKを使っているので、Windows標準のMS IMEは使うことはありません。しばらく使っているとどこかキーを押してしまうのかなんか変換のし方がおかしいと見るとMS IMEに変わっていることがあります。結構頻繁におこることもあるので、もう面倒なのでMS IMEは削除することにしました。

削除してしまえば当然MS IMEに変わることはありません。MS IMEの削除は、設定パネルの言語からMS IMEキーボード入力を削除します。

この説明はWindows10 バージョン1809に対応しています。

MS IMEを削除する方法

「スタート」ボタンをクリックし、歯車の形をした「設定」アイコンをクリックしましょう。Windowsの設定パネルを表示させることができます。

Windowsの設定パネルが表示されたら、「時刻と言語」をクリック。

画像を拡大表示する
windowsの設定パネルから『時刻と言語を選択』する

1.時刻と言語を選択

左側から「言語」を選択

画像を拡大表示する
.”言語”を選択する

2.”言語”を選択

右側に「日本語」というセクションが表示されますので選択します(下図の赤枠で囲んであるところです)。

画像を拡大表示する
日本語を選択する

3.日本語を選択する

「オプション」ボタンが表示されますので、これをクリック。

画像を拡大表示する
オプションを選択

4.オプションを選択

既存のキーボードとして、ATOK2016とMicrosoft IMEキーボードが表示されますので、削除するMicrosoft MEIを選択。

画像を拡大表示する
Microsoft IMEを選択

5.Microsoft IMEを選択

「削除」ボタンが表示されますので、クリックしてMicrosoft IMEキーボードを削除してください。これでMicrosoft IMEに切り替わらなくなりました。

画像を拡大表示する
削除ボタンで削除する

6.削除ボタンで削除する

削除してしまっても、上記図中の“キーボードの追加”ボタンを押すと、すぐに復活することができます。

以上

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク
ページ上部へ戻る