バッテリーの大敵、過放電防止の対策をする

ソーラー発電システムを自作した場合にバッテリーの過放電の対策をぜひともしておきたいものです。バッテリーの過放電つまりバッテリー上がりは非常にバッテリーを傷めてしまいます。

Initializing...

チャージコントローラにも過放電防止保護がついているが…

ソーラー発電から電気をとる場合、チャージコントローラの負荷端子に接続すれば今時のチャージコントローラには過放電防止保護が付いています。ただ、私の場合はバッテリーに直接つないで電気を取る事にしました。そのわけは下記の記事を参照してください。

バッテリーに直接つなぐと当然この過放電防止は別途考えなければなりません。いろいろ調べてみるといいのが見つかりました。それが東京デバイセズから販売されている「過放電防止モジュール IW8990-C12」というやつ

販売メーカー 東京デバイセズ
型番 IW8990-C12
販売開始 2012年9月
価格 2,980円(税別)
仕様  ・バッテリーと負荷の間に接続し、バッテリーの電圧が一定以下になると自動的に負荷を切断する。

・接続可能な負荷は、12V最大10Aまで。

自己消費電力 7mA
販売ページ https://tokyodevices.jp/items/90
IW8990-C12

IW8990-C12の使い方

この過放電防止モジュールIW8990-C12の使い方はすごく簡単。このモジュールの下側にあるBatteryとLoad端子にそれぞれバッテリーと負荷をつなぐだけです。バッテリーの電圧が一定以下(カットオフ電圧)になると自動的に切断し、再び充電されて一定以上(リカバリー電圧)になると自動的に復帰します。これはバッテリーの残容量と少なくなると電圧も低くなるという性質を利用したものです。カットオフ電圧9.5~11Vリカバリー電圧12.5~13.6Vの間で調節が可能です。

 

接続回路図

このモジュールは12V専用です。24V専用のモジュールも販売されています。別途お求めください。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク
ページ上部へ戻る