windowsアイコンオーバーレイがうまく表示できない。


前回、TortoiseSVNをつかってソース管理する方法を紹介しましたが、ファイルの状態を示すアイコンオーバーレイがうまく表示できなくて困っていました。今回これを回収しましたのでその方法を紹介します。

Initializing...

アイコンオーバーレイは15個まで

TortoiseSVNを使うとファイルが最新であるか変更したあるかをファイルのアイコンの状態で区別して表示(アイコンオーバーレイ)しますが、Windows7あたりから正常にTortoiseSVNをインストールできたにもかかわらずアイコンオーバーレイの表示が出来なくなっています。

アイコンオーバーレイの表示例

TortoiseSVNアイコンオーバーレイの表示例

 

これは、Windowsでは、このアイコンオーバーレイの数が15個が上限になっており、他にもアイコンオーバーレイ表示するプログラムが多くなってきたためです。

特に、DropBoxやGoogleDrive等のオンラインストレージサービスがアイコンオーバーレイを使用しており、DropBoxが10個、GoogleDriveが3個、OneDriveが5個使っています。これらのオンラインストレージサービスがインストール順ではなく、TortoiseSVNより優先にアイコンオーバレイを確保するようになっているため、表示出来なくなっています。

TortoiseSVNのアイコンオーバーレイを復活する方法

オンラインストレージが優先的にアイコンオーバレイを使うようになっているとは、どういうことでしょうか?

これは、アイコンオーバーレイをWindowsのレジストリーの登録することで表示しますが、このレジストリー登録の順番で上から15個までが使用出来るようになっています。

下図がTortoiseSVNのアイコンオーバーレイのレジストリーキーの登録状態です。TortoiseSVNのレジストリーキーの位置は、

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\ShellIconOverlayIdentifiers

で、レジストリーキーの検索(Ctrl+F)を使って

 ShellIconOverlayIdentifiers 

で探すと速いです。

 

改修前のTortoiseSVNのレジストリー登録状態
見てわかる通り、DropBoxExt01~10その次にGoogleDriveが続いており、これで既にアイコンオーバーレイが既に13個使われてしまっているために表示が出来なくなっています。

どうしてこのような順番になるかですが、レジストリキーの名前の先頭に無理矢理いくつかの半角スペースを入力しています。DropBoxの場合は半角スペースが3つ、GoogoleDriveが半角スペースが2つと言う具合に使われています。

DropBoxは3つの半角スペース、GoogleDriveは半角スペースが2つ先頭にある

したがって、TortoiseSVNのアイコンオーバーレイを先頭に持ってくるには、半角スペースを4つ先頭にくっつければ直ります。

レジストリーを修正する

実際にこれらの修正をするには、レジストリエディタを起動しておこないます。そして、該当のレジストリーグループ(ShellIconOverlayIdentifiers)を一度ファイルにエクスポートしTortoiseSVNのレジストリーキーの名前の先頭に半角スペースを4ついれて、また元に戻す(インポート)と終わりになります。

ファイルにエクスポートするには、ShellIconOverlayIdentifiersの上でマウスを右クリックしポップアップメニューの中からエクスポートを選ぶと登録ファイル(*.reg)にエクスポートできます。インポートする際には、事前に今あるレジストリーグループごと削除してからインポートしてください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク
ページ上部へ戻る