【wordpress】DBまるごと引っ越してもウィジットまでは復元出来ません。でもある事を知っていると簡単に復元できてしまいます!

ブログをデータベースごと引っ越しをすると大概の事は復元出来てしまいます。なかには出来ないものもありますが、ウィジットもその一つです。でもあることを知っていると復元できるのですが、知ってますか?
wigit_banner

Initializing...

 

はじめに

ブログを引っ越す場合って、量が多かったり内容を壊しちゃったり、これまで築いてきたものがおじゃんになったり大変です。引っ越すサーバーによっては元と同じ構造に再現できないこともあります。それでもみんな使っているwordpressでは引っ越し先もwordpressになるので、あまり気にせずに引っ越しすることが出来ます。

引っ越しに重宝するBackWPupプラグイン

引っ越しの事も考えて、日頃wordpress全体をバックアップしておきたいですね。私の使っているバックアップは、BackWPupというプラグイン。何年前になるか忘れましたが、それまでデータベースのバックアップだけはとっていたのですが、もし何らかの事故や今回のように引っ越しする際はある程度の作業が発生するのを覚悟でなにもないように祈るような気持ちでいたのですが、このBackWPupというプラグインは、wordpressの内容を、データベースはもちろん、使用している画像ややる気になればインストール済みのプラグインまでバックアップしてくれます。これひとつあればほとんど丸ごとべつのサーバーへ引っ越しできる優れものです。

ウィジットの復元は出来る?

そんな万能なBackWPupをしてもプラグインの復元までは出来ません。プラグイン自体は、Wordpressのデータベースに書かれていますので、phpMyAdminのようなデータベースユーティリティで中をのぞくと保存されている様子を見ることが出来ます。要は、復元するときの問題です。以前専用ツールかなんかを使うと引っ越しできたような気がしたのですが、基本的に出来ません。

実はあることを知っていると簡単に復元できてしまいます

知っている人にとってはそんな大げさな事ではないとお叱りを受けそうな程度のものですが、phpでプログラムでも書かないと無理とあきらめていませんか? ズバリ教えちゃいます。それは下記のルールを守れば、引っ越し先でもそのまま復元されることに気がつくはずです。

同じテーマを使って、ドメインの文字数をきっちりと同じ長さにすること

 

テーマは必ずしも同じでなくとも調整がききますが、たぶん動きませんのでテーマもほとんど必須条件です。ここで必須の条件はドメインの長さにあります。一文字違いでも復元しません。きっちりと合わせてください。

はい。今日はウィジットを復元する方法を説明させていただきました。もし役に立ったら下記のTwitterかなんかで拡散していただくと励みなります。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク
ページ上部へ戻る