レンタルサーバーXserverのディレクトリーを直接操作する

Xserverはブロガーにおすすめの高性能サーバーです。このXserverのディレクトリー内を直接操作する方法です。

Initializing...
レンタルサーバーのディレクトリーを直接操作する場合は、TELNETで接続しコマンドをダイレクトに実行させます。レンタルサーバーの場合は、TELNET接続する際にSSHによる暗号化した接続をおこないます。ここでは、TELNET接続用のソフトウェアとしてrloginを使用して説明します。

TELNET端末エミュレータソフト、rloginのダウンロード

Windowsの場合、TELNET端末エミュレータとしてrloginというソフトウェアが便利です。事前に以下のリンクでインストールしておきます。 rlogin.zip(64ビット) ※32ビット版はこちら

公開暗号キーの作成

設定をする前にあらかじめお使いのXserverのサーバーパネルでログインしておいてください。

XserverサーバーパネルからSSH接続をONにする

SSH接続を可能にするには、XserverサーバーパネルよりSSH設定を選択し、SSH設定をONにしてください。

画像を拡大

xserver_ssh-1

Xserverパネルで公開暗号キーファイルを作成する

公開暗号キーファイルは、Xserver上で作成することができます。下記のようにサーバーパネルの”公開鍵認証用鍵ペアの生成”タブを選択し、パスフレーズを入力すると公開暗号キーファイルの作成とダウンロードをすることができます。パスフレーズに入力し、”公開鍵認証用の鍵ペア生成(確認)”ボタンを押してください。作成が終了すると、公開暗号キーファイルの自動ダウンロードが始まります。

画像を拡大

xserver_ssh-2

rlogin端末エミュレータの接続設定

rloginに接続設定する場合は、以下の設定をします。 接続先:(FTP接続先と同じ) アカウント:(FTPのアカウント) パスワード:(FTPのパスワード) 自動ダウンロードされた公開暗号キーファイルは、下記画面の参照ボタンを押しここで設定します。 ※Xserverの場合の接続ポートは、通常の22ではなく、10022を使用します。

画像を拡大

xserver_ssh-3 rloginの場合接続に成功すると以下のような画面となります。

画像を拡大

xserver_ssh-4

コメント

タイトルとURLをコピーしました