Googleアナリスティックスで独自のイベントを計測する方法

ある特定のボタンを押されたとか、アフィリエイトリンクを踏んだ数とかを独自に記録したい場合に、Googleアナリステックスのga関数を使うと出来ます。

Initializing...

この記事は、通常サイトへの閲覧数や読まれたページしか記録していないGoolgeアナリスティックスをつかって、ブロガーにとって重要なユーザの詳細な行動の記録(イベントトラッキング)をおこなおうとするものです。しかもGoogleアナリステックスの標準の機能なのでなんら拡張する必要もありません。それは記録しようとする行動(イベント)のところで、ga関数を呼ぶだけでできます。

対象となるのは、Googleアナリステックスのユニバーサルアナライズを利用している方となります。

ga関数

ga関数は、イベントトラッキング用の関数でGoogleアナリスティックスの基本的な関数です。

 

パラメータ

ga関数は以下の6つのパラメータを使用します。

ga(‘send’, ‘event’, ‘button’, ‘click’, ‘nav buttons’, 1);

 

パラメータ 意味 内容
send コマンド 必須固定
event ヒットタイプ 必須固定
button カテゴリー 必須:操作対象のオブジェクト
click アクション 必須:操作の種類
nav buttons ラベル イベントの分類
1 バリュー カウンター値

ga関数でイベントトラッキングをおこなう場合、第1番目のパラメータsendと第2番目のパラメータeventは必ずこの値に固定されます。3番目のカテゴリー以下のパラメータでGoogleアナリステックスに具体的な記録をさせます。

実装方法

では、実際に記録しようとするイベントが決まった場合にga関数をどのようにコーディングしたら良いのでしょうか? ほとんどの場合URLを含んだアンカータグのクリックによるものから発生すると思いますので、以下のようなコーディングになります。
aタグの場合)

<a href=”http://example.com/” onclick=“ga(‘send’,’event’,’button’,’click’,’nav buttons’);”>

inputタグの場合)

<input type=”button” value=”送信” onclick=“ga(‘send’,’event’,’button’,’click’,’nav buttons’);”>

どちらも、onclickイベントでga関数を呼んでいます。例として上記のパラメータをそのまま使用していますが、ユーザの環境に合わせて変更してください。

サンプルです!

 解析表示の例

以下はあるサイトのGoogleアナリステックスの解析ページの例ですが、[行動][イベント]とメニューを進むと赤枠のように切替可能な上位イベントに、イベントカテゴリ、イベントアクション、イベントラベルという3つの解析ページのリンクが表示されています。これらのリンクは、上記パラメータで指定された内容で表示するようになっています

実際のGoogleアナリステックスページの表示例

実際のGoogleアナリステックスページの表示例

いかがですか、当記事で紹介したga関数を使えばこれまでよりも一歩進んだ解析結果が得られる事になるでしょう。

なお、ユニバーサルアナライズに切り替えていない場合でも、_gaq.push()にて同様な事が可能です。

参考記事


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク
ページ上部へ戻る