日本語化するための「poファイル」をソースプロジェクトから作成する!

翻訳するpoファイルが見つからない場合は、ソースプロジェクトから作成することができます。

Initializing...

1から新規に作成する場合

元となる翻訳対象ファイルを、”ja.po”という名称で下記のヘッダーをテキストファイルにして作成してください。その際、ご使用になるテキストエディタの設定でエンコードの種類と改行タイプを以下のように指定してください。

  • エンコードの種類:UTF-8
  • 改行のタイプ:LFのみ

ヘッダー

以下のヘッダーをコピーして、必要な部分を修正してください。

msgid ""
msgstr ""
"Project-Id-Version: twentyfifteenn"
"POT-Creation-Date: 2015-10-19 07:00+0900n"
"PO-Revision-Date: 2015-10-19 07:00+0900n"
"Last-Translator: n"
"Language-Team: twentyfifteen_translate-teamn"
"Language: ja_JPn"
"MIME-Version: 1.0n"
"Content-Type: text/plain; charset=UTF-8n"
"Content-Transfer-Encoding: 8bitn"
"X-Generator: Poedit 1.8.5n"
"X-Poedit-KeywordsList: _;gettext;gettext_noop;__;_e;_x:1,2c;_ex:1,2cn"
"X-Poedit-Basepath: C:/temp/twentyfifteenn"
"X-Poedit-SourceCharset: UTF-8n"
"X-Poedit-SearchPath-0: ..n"

※上記13行目の_xや_exはコンテキストを引数としてとる関数で、Poedit Proの機能ですが、このように記述するとPoeditでも使用可能(参考:wpgogo.com)

作成するヘッダー内容説明

以下の赤字の部分は、自分の環境似合わせて修正が必要です。

ヘッダー 内容
Project-Id-Version テーマ名 xxxxxx
POT-Creation-Date 作成日 2015-10-19 07:00+0900
PO-Revision-Date 修正日 2015-10-19 07:00+0900
Last-Translator n
Language-Team テーマプロジェクト xxxxxx-Team
Language 言語 ja_JP
MIME-Version MIMEバージョン 1.0
Content-Type 文字エンコーディング UTF-8
Content-Transfer-Encoding 8bit
X-Generator 作成したプログラム名 Poedit 1.5.3
X-Poedit-KeywordsList キーワード _;gettext;gettext_noop;__;_e;_x:1,2c;_ex:1,2c
X-Poedit-Basepath ベースパス C:Temp(※1)
X-Poedit-SourceCharset キャラクターコードセット UTF-8
X-Poedit-SearchPath-0 検索する相対パス ../(※2)

※1:翻訳するソースプロジェクトの位置(ベースパス)を入力してください

※2:検索するソースの位置を※1からの相対アドレスで入力してください。上記の例では、ベースパスの1つ上の階層(“../”)から検索します。

ソースから抽出を実行

上記のja.poファイルをダブルクリックして、Poeditを起動すると以下のような画面が表示されますが無視して「ソースから抽出」をクリックします。

画像を拡大
poファイルを新規作成した場合に最初に出るエラー画面

poファイルを新規作成した場合に最初に出るエラー画面

以下のような画面が表示されたなら、赤枠内のベースパスの位置X-Poedit-Basepathと相対パスX-Poedit-SearchPath-0をよく確かめて、OKボタンを押してください。ソース検索が始まります。
poedit_screen4

無事終了すると下記の赤枠内のように、抽出された英文が表示されます。

poedit_screen5

これで直接、翻訳対象ファイル(poファイル)を読み込んだ直後と同じ状態となりました

エラーが発生した場合の対処

ソースから検索する場合にエラーが発生した場合、以下のような原因が考えられます。

ケース1

この場合、以下のような「ソースコードが存在しません」というエラーが表示された場合は上記ヘッダのX-Poedit-BasepathとX-Poedit-SearchPath-0が間違ってしてされている可能性があるので、これらをチェックします。

poedit_screen2

ケース2

「 カタログの更新に失敗しました」というエラーの場合は上記ヘッダーの入力ミスです。もう一度見直して再実行してください。
poedit_screen3ケース3

作成後にエラーが出る。以下のエラーは無視しても良さそうです。

poedit_screen8Poeditについての詳しい説明はこちらのリンク記事をご覧ください

追加情報!WordPressプロジェクトから日本語化ファイルを探し出すことも出来ます。下記のサイトを参考までに

以上

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク
ページ上部へ戻る