coreserverで同期やバックアップにも使える『サーバー間コピー』の使い方

比較的安く高機能なレンタルサーバーcoreserverの『サーバー間コピー』の使い方とポイントをまとめてました。

Initializing...

『サーバー間コピー』は、他のサーバーからcoreserverにコンテンツを取り込む際に使う機能です。相手先のサーバーには唯一FTP接続さえできれば利用できます。

サーバー間コピー

概要

サーバー間コピー機能はリモートサーバー→ローカルデーターコピーする機能で、以下に示す応用ができます。

  • リモート先のサーバーからフォルダー単位でコンテンツを移動する
  • コンテンツの移動はFTP接続しておこなう
  • 引っ越し用途(転送方法:ミラー削除なし)
  • 同期・バックアップ(転送方法:ミラー削除あり)

起動

coreserverの左にあるメニューから、『サーバー間コピー』を選択し右側のサーバー設定をおこなう。サーバー設定は最大10個まで保存しておくことができます。

server_copy1

設定

設定に必要なもの

以下の情報を事前に用意してください

  • リモートサーバーのFTP接続情報(サーバー名/FTPアカウント/FTPパスワード/転送元フォルダー)
  • coreserverフォルダー

サーバー情報を設定

サーバー間コピー機能を使う際は、最初にリモート先サーバー情報や転送先となるcoreserverのフォルダー情報を登録しておかなければなりません。

以下のようにサーバー情報を登録してください。

server_copy2

上記の通り必要な情報を入力し終えたなら、[変更]ボタンで登録します。なお、実行する際は左先頭にあるラジオボタンにチェックを入れ、[実行]ボタンをクリックします。

転送元(リモート)および転送先(coreserver)のフォルダー名の先頭に/(スラッシュ)は必要ありません。“public_html/~”から指定します。

このサーバー情報は最大10個登録することができます。

転送方法について

転送方法は以下の5つから必要に応じて選択してください。

  • ミラー(削除あり):リモートとローカルを完全に一致するようにコピーします。リモートにないローカルのファイルは削除されます。
  • ミラー(削除なし):リモートのすべてをコピーしますが、ローカルにのみ存在するファイルを削除されません。
  • 更新(削除なし):リモートで更新されたファイルのみコピーされます
  • 差分(削除なし):リモートとローカルを比較し、ローカルにないファイルのみコピーします。
  • 存在(削除なし):ローカルにあるファイルを対象に、リモートからコピーされます。

コピー中のロギング

コピー中は、サーバーのルートに「.servercopy.log」ファイルが作成され、動作状況を確認出来ます。エラー情報やコピー完了したファイルが書き込まれています。

まとめ

サーバー間データコピーとは、

  • リモートサーバーからローカルにデータコピーする。
  • 転送方法の選択によって、ブログの引っ越しの他同期やバックアップなどの用途にも使える

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク
ページ上部へ戻る