wordpress,便利なショートコードはプラグインとして実装する

wordpressのショートコードはとても便利な機能です。通常ショートコードをfunctions.phpに実装していると思いますが、プラグインとして実装する方法をお勧めします。

Initializing...

wordpressのショートコードの利用

wordpressに何か機能を追加する場合に、functions.phpに関数として実装します。ショートコードも関数ですが、実装方法と利用方法に違いがあります。実装方法としては、通常のとおりに関数を記述し、この関数をadd_shortcodeを使い、wordpressに組み込むことになります。

通常の関数をショートコードとして組み込むメリットは、PHPを使えない記事からも呼び出すことが出来る点にあります。phpプログラムからも記事からも両方から呼び出せるのはとても便利です。

ショートコードをプラグインとして実装する理由

通常のfunctions.phpに書かれた関数は、add_filterなどで既存の関数を置き換えない限り、他のプラグインとかに有効になりません。この一番の例としては、スマートフォン用の表示を行うプラグインWpTouchがありますが、このWpTouchにはショートコードが有効にならずに、ショートコードのまま表示されてしまいます。プラグインとして実装した場合は、WpTouchプラグインにも有効となります。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク
ページ上部へ戻る