ブログレスポンスの改善:W3 Total Cacheの設定

ブログのレスポンスの改善で私が選んだのが「W3 Total Cache」。
これだけでチューニングが済むわけではありませんが、まず「W3 Total Cache」をインストールしていただき、これらの設定をしてください。

Initializing...

[toc]

W3 Total Cache

「W3 Total Cache」は、Wordpressで作成したブログのキャッシュコントロールMinify(Page,CSSスタイル、Javascript)といったプログラムの最小化とブラウザ側のキャッシュのチューニングを総合的におこなってくれるプラグインです。その他にWordpressのMySQLデータベースのチューニングやCDN(Contents Delivery Network)つまりWebコンテンツがユーザーに届くまでのネットワークのチューニングもおこなえますが、やや高度な作業となりますので、Page Cache/Minify/Browser Cacheの3つについて設定をしていきます。

説明に使用した画面のWordpressやプラグインのバージョンによって変わります。説明に使用したバージョンは以下のとおり

  • wordpress バージョン4.0
  • W3 Total Control プラグイン バージョン0.9.4

前提条件

「W3 Total Cache」を使用するには、サーバーのアパッチのモジュールとして以下のものが必要です。

  • mod_rewrite(必須)
  • mod_mime
  • mod_headers
  • mod_deflate
  • mod_expires

インストール

「W3 Total Cache」をインストールするには、wordpressの管理画面から[プラグイン]>[新規追加]と進み、検索窓に”W3 Total Cache”と入力し、プラグインが表示されたらインストールを実行します。

w3totalcacheプラグインのインストール
画像を拡大表示する

準備作業

「W3 Total Cache」の設定をおこなう前に以下の2つの準備作業をおこなってください。
コンフィグファイルに定義を追加
wordpressのルートにあるwp-config.phpの最後に以下を追加

define('WP_CACHE', true); // Added by W3 Total Cache

キャッシュフォルダーを新規作成し、書き込み可能(パーミッション:755)とします。
/wp-content/cache

W3 Total Cacheの設定

プラグインを有効化した後、以下の設定(General/詳細)をおこないます。
設定をおこなうには、wordpressの管理画面の[設定]の下に[Performance]が表示されていますので、ここからおこないます。

w3totalcache設定メニュー

General Setting

Perfermance>General Settingでは、以下の設定をします。
前述したとおり、Page Cache/Minify/Web CacheingのみEnableをONとします。

メイン サブ 項目 ON/OFF
General Settings General Toggle all caching types on or off (at once) OFF
Page Cache Enable ON
MInify Enable ON(※1)
Minify mode (auto)
Database Cache Enable OFF
Object Cache Enable OFF
Brawser Cache Enable ON
CDN Enable OFF
Reverse Proxy Enable vamish cache purging OFF
CloudFlare Enable OFF

上記表示項目以外はディフォルトのままです。

※1:CloudFlareサービスでMinifyを使用中である場合、ONに出来ない事に注意。
エラーメッセージ:Minify via disk is currently disabled.

詳細(個別)

個別の設定が以下のように設定してください。

メイン サブ 項目 ON/OFF
Page Cache General Don’t cache pages for logged in users ON
Cache home page ON
Cache feeds: site, categories, tags, comments ON
Cache URIs with query string variables OFF
Cache 404 (not found) pages ON
Cache Preload ON
Minify General Rewrite URL structure ON
Automatically upload modified files OFF
HTML Minify settings Enable ON
Inline CSS minification ON
Inline JS minification ON
Don’t minify feeds OFF
Line break removal ON
JS minify settings Enable ON
Combine only after <head> OFF
Combine only after <body> OFF
Combine only before </body> OFF
Comment removal ON
Line break removal ON
CSS minify settings Enable ON
Combine only ON
Comment removal OFF
Line break removal ON
Brawser Cache General Set expires header ON
Set cache control header ON
Set entity tag (eTag) OFF
Set W3 Total Cache header ON
Enable HTTP (gzip) compression ON
Do not process 404 errors for static objects with WordPress OFF
Cascading Style Sheets & JavaScript Set expires header ON
Set cache control header ON
Set entity tag (eTag) OFF
Set W3 Total Cache header ON
Enable HTTP (gzip) compression ON
HTML Set expires header ON
Set cache control header ON
Set entity tag (eTag) OFF
Set W3 Total Cache header ON
Enable HTTP (gzip) compression ON
Media & Other Files Set expires header ON
Set cache control header ON
Set entity tag (eTag) OFF
Set W3 Total Cache header ON
Enable HTTP (gzip) compression ON
ここで設定した項目は、エクスポートできます。
Perfermance>Genaral Settings>Import / Export Settingsからおこないます。

Rejected User Agentsの設定

Perfermance>Minify>AdvacedにあるRejected User Agentsは、Page Cache を無効にする User-Agent を指定する項目で、ディフォルトでは空欄になってます。Page Cacheを使用すると著しくスピードが落ちるような場合に、User Agent毎に設定しないようにするものです。
通常は、以下のようなUser Agentを設定すると良いでしょう。

acer s100
android
archos5
bada
blackberry9500
blackberry9530
blackberry9550
blackberry 9800
cupcake
docomo ht-03a
dream
froyo
googlebot-mobile
htc hero
htc magic
htc_dream
htc_magic
iemobile/7.0
incognito
ipad
iphone
ipod
kindle
lg-gw620
liquid build
maemo
mot-mb200
mot-mb300
nexus one
opera mini
s8000
samsung-s8000
series60.*webkit
series60/5.0
sonyericssone10
sonyericssonu20
sonyericssonx10
t-mobile mytouch 3g
t-mobile opal
tattoo
webmate
webos

.htaccessファイルの設定

上記の設定が終了しても、もう一つ設定が残ってます、これは、.htaccessファイルの設定です。
これも、簡単でPerfermance>installからコピペするだけです。

[Perfermance]>[install]で表示された画面中程にある、ルート用の.htaccessファイルの中身をコピーしてださい。

その他に2つほどありますが、こちらはキャッシュが作られる場合に自動的に作成されます。

W3TotalCacheから個別にJavascriptの高速化を除外する方法!
・script文の先頭の項目に以下を設定する

<script data-cfasync=”false” src=”…

参考サイト

W3 Total Casheの設定は以下が詳しいです。参考にどうぞ

コメント

    • ryuujinn
    • 2015年 12月 30日

    はじめまして

    w3 total cacheの設定とapacheの設定で困っていてこのサイトを発見しました

    「W3 Total Cache」を使用するには、

    サーバーのアパッチのモジュールとして以下のものが必要です。

    mod_rewrite(必須)
    mod_mime
    mod_headers
    mod_deflate
    mod_expires

    と書かれていましたが具体的にはどのように設定すればよろしいのでしょうか?

    単純に上記全てをコメントアウトして、保存、

    Apache2.4を再起動だけでいいのでしょうか?

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク
ページ上部へ戻る