最新版wordpress(日本語版)のダウンロードとサーバーへのアップロード方法

wordpressを自分でインストールする場合は、wordpress本体をダウンロードしなければなりません。 ここでは、windows版のフリーソフトウェアであるfftpを使って、最新版のwordpressのダウンロードとサーバーへのアップロードをおこないます。

Initializing...

アップロードするwordpressを用意

アップロードするwordpressは、wordpress日本語サイトよりあらかじめダウンロードしてくださ。ダウンロードしたwordpressは、ZIPファイルに固められていますのでZIPファイルの中のwordpressというファイルを取り出して別の場所へ保存しておいてください。

ダウンロードしたファイルは、ZIPファイルという圧縮ファイルになります。ZIPファイルはそのままでは使用できませんので、解凍をする必要があります。windowsの場合、ダウンロードしたファイルをダブルクリックすると内容が表示されますので(wordpresというフォルダー)、このwordpresssフォルダーの直下をすべて別の場所に再保存(選択状態にしてCドライブなどへドラック)しておきます。

fftpを準備する

wordpressをサーバーにアップロードする場合に必要なのが、fftpというソフトウェアです。このソフトウェアは自分のコンピュータ上のファイルまたはフォルダー単位で、指定した相手側のサーバーにアップロードすることができます。 fftpは、windows上で動作し、下記のサイトからダウンロードすることができます。

fftpのインストールと初期設定

fftpを最初に起動すると以下のような画面が表示されので、まずは新規ホストの登録(下図赤枠をクリック)をおこないます。 fftp_setup1 新規ホストの登録は、

ホストの設定名 サーバーを識別するための自由な名前を記入
ホスト名(アドレス) サーバーのドメインを記入
ユーザー名 サーバーのユーザー名を記入
パスワード/パスワードフレーズ サーバーのパスワードを記入
ローカルの初期フォルダー 空白のままでかまいません
ホストの初期フォルダー 空白のままでかまいません

入力を終えたら、[OK]ボタンをクリックして設定画面を閉じます fftp_setup2

サーバーのことをホストといいます。 また、自分のコンピュータのことは、ローカルと呼びます。

サーバーへ接続する

サーバーへの接続は、FFTPのメニューから[接続(F)]>[接続]をクリックします。 fftp_setup3   無事に接続すると、以下のように左側のローカル(自分のコンピュータ)と右側には、サーバーのファイルの一覧が表示されます。 fftp_setup4

接続できなかった場合は、右側のサーバーのファイル一覧が表示されません。その場合は、FFTPのメニューから[接続(F)]>[ホストの設定]とクリックし、ホストの接続情報の確認をしてください。

wordpresのアップロード

先に、zipファイルから取り出したwordpressフォルダーの直下のファイルすべてを選択し、サーバーのルートフォルダーにFFTPを使ってアップロードします。

アップロードするには、wordpressフォルダーではなく、その直下にあるファイルなのでご注意!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク
ページ上部へ戻る