gtagset=(1)です

ファイルがありません JPEGIM32.FLTを解決!

  • 作成日:2019-9-5
64 bit Windows を計画中,もともと持っていた Office 2016をインストールしてみたら突然エラーメッセージが表示された。これを解決したときのメモ。
Windowsエラーを解決!
Windowsエラーを解決!
突然表示されたエラー。JPEGIM32.FLTって何もの?

エラー発生

エラーは Word 2016でSmartArtを外部に吐き出すマクロを実行しようとした際に発生した。実際に表示されたエラーメッセージは“、ファイルが見つかりません: C:\Program Files\Common Files\microsoft shared\GRPHFLT\JPEGIM32.FLT”。 実際に表示された画像は下記。
画像を拡大表示する
jpegim32.png photo

JPEGIM32.FLTとは

JPEG Import/Export Graphic Filterというダイナミックリンクライブラリー(DLL)。 C:\Program Files\Common Files\microsoft shared\GRPHFLTフォルダ−に配置される。私がインストールした64bit Windowsには、このGRPHFLTフォルダーが存在しない。 Office 2016の32ビット版をインストールしてみたが、どうやらインストールに不具合があるらしくもともとの32ビットWindowsの方を調べてみたら確かにGRPHFLTフォルダーは存在する .これで原因は確定した。

修正方法

これまでの経験上 、Office の再インストールをすれば 治る可能性は低くはない。 また別の方法としては、この修正モジュールのみ Microsoft から直接ダウンロードできないか検討してみたが、そのようなツールは存在しなかった。64 bit Windows には、 32ビット専用ソフトがインストールされるC:\Program Files(86)と言うフォルダーがあるがもしこちらの方に間違ってインストールされているとすればこれをコピーして解決しないか? 残念ながら間違ってインストールがされていなかった。 最終手段として検討したのが、もともとうまくインストールされている32ビット Windows からフォルダーごと持ってきてコピーするという方法。 正解! うまく動作する保証はなかったが実際動作テストをしてみると、完璧に動いてくれた。以上思ったよりとても簡単に問題を解決することができました。 なお、JPEGIM32.FLTについてさらに詳しく知りたい方のために、下記のサイトをご紹介したいます。お時間のある場合におとづれてみてください。
スポンサーリンク

超おすすめ

この記事にぴったりのオススメです。

googleカスタム検索

ランキング

インデックス

※右側の記事と連動したインデックスです。見たいインデックスをクリックしてください。
ページ上部へ戻る